鹿児島初。鹿児島発。21世紀型教育を純心から

Heartを育てる。心で育てる。

MENU

鹿児島初。鹿児島発。21世紀型教育を純心から

21世紀 これから社会は 大きく変化します



2019年 高校生のための学びの基礎診断実施
2020年 大学入学共通テスト実施
2020年 東京オリンピック・パラリンピック開催
2045年 人工知能が人間の能力を超える予測
2048年 日本の人口が1億人を割る予測




 21世紀の社会は,テクノロジーの発達により,多くの仕事をロボットやAI(人工知能)が担うようになります。また,グローバル化が進み,さまざまな国の人々とコミュニケーションをとる必要があり,英語力や異文化を理解する態度はますます重要になります。さらに,私達が住む鹿児島・地域が解決すべき課題も多様化していきます。

 変化する21世紀の社会には,「知識だけでなく,自ら考え表現できる人」が求められます。

学校は 学びは 変わらなくてもいいの?

これからの社会のニーズに応えるため
鹿児島初・鹿児島発の21世紀型教育が純心からはじまります

 教科の内容や社会のことに対して,「生きていく上でどう役に立つのだろうか?」,「社会や生活とどうつながっているのだろうか?」,「本当にそうなのだろうか?」というような「疑問・課題」を,自分自身でそして仲間や先生と考え,「理解・発見」し,「アウトプット(発信)」していく。これが21世紀型教育の最も大切な部分です。

「神様にも人にも喜ばれる女性に」

 ただ1つの正解ではなく,多種多様な考え方・生き方をもつ隣人を大事にしながら,最適解を話し合って出していく。
 純心は「Heartを育てる。心で育てる。」21世紀型教育を実践します。

New Standard = 21世紀型教育

1.教科学習はもちろん,これらの教育も大切にします

カトリック的人間教育
 ミッションスクールとして,カトリック的価値観に基づいた心(ハート)を育てる教育を,より一層充実させます。


コミュニケーション力を育む教育
 授業や学校行事,部活動,コミュニケーション講座など様々な活動を通して,コミュニケーション力を育む教育を実践します。


英語・グローバル教育
 英語だけでなく,地域理解,異文化理解,英語によるプレゼンなど,言語とその活用まで幅広い学びを実践します。また,ターム留学など,海外研修もパワーアップします。


サイエンス・テクノロジー教育
 AIの発達に代表されるように,サイエンスやテクノロジーは日々,進化しています。人としてどのように活用すべきか,学び・考えていく実践を行います

2.学びの方法も新しくなります

双方向型授業(アクティブ・ラーニング)
 PIL(相互に教え合う学び)とPBL(課題解決型で探究的な学び)を通して,主体的・対話的で深い学びを行います。

積極的なICT利活用
 「ICT利活用=タブレット」ではありません。スタディサプリやGoogle(G Suite for Education)など,学びのため,コラボレーションのためのツールとしてICTを活用します。

3.目指すべきゴールは大学合格のその先です

確かな学力・豊かな人間性・つながる力
 ただ1つの正解などない,変化する時代の中で,最適な答えを探求するために,教養や判断力,自らの考えを相手に発信する技術,そして心。これらを身につけることがゴールです。

大学入試改革にも対応
 21世紀型教育は,2020年からスタートする大学入試改革にも対応。入試にも必要な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」などを育むこともゴールです。

▲TOP