キャリア教育

Heartを育てる。心で育てる。

MENU

キャリア教育

「何になりたいかは大事。どうありたいかはもっと大事。」

テクノロジーの発達により,現在ある仕事の約半分はAIやロボットで代替可能になったり,今はまだ存在しない新しい職業が出現したりする可能性があります。

変化する社会におけるキャリア教育の基本は「神さまにも人にも喜ばれる女性として,自分自身がどうありたいか」を見つめること。

カトリック学校として,21世紀型教育実践校としてのキャリア教育を実践しています。

1.自己理解

  • 聖書の学び(神の愛・理想とするマリア様)を通して,かけがえのないたった一人の「私」について考える

2.他者理解・相互理解

  • 授業や学校行事等を通して,大切なたった一人の「あなた」と「わたし」について考える
  • 異なる価値観を受け入れ,周りの人に今できることを考え行動する

3.社会理解・社会貢献

  • 歴史や文化に触れ,探究し,平和について考える
  • 世界に目を向け,世界平和の為に困っている人々のために祈り,自分が出来ることは何かを考え行動する
  • 将来自分がどのような形で社会に貢献出来るか考えて,進路決定を行う

 

「変化する社会と”つながり”,人と”対話する”」

神さまにも人にも喜ばれる女性として,社会で自立するために必要なこと。

そして,持続可能な世界実現のために必要なこと。

それは,変化する社会と積極的につながり,様々な人たちと対話を積み重ねることだと考えます。

キャリア教育プログラムやPBL(課題解決型で探究的な学び),講演会等を通して,つながり・対話することをたくさん経験していきます。

1.働く大人とつながる「リアルしごとびと」(中学)

鹿児島で活躍する様々な社会人の方々と対話し,職業や働くことへの意義を学びます。

2.企業とつながり,アウトプットするPBL「QUEST EDUCATION」(高1)

まるでインターンに参加しているような企業研修を体験します。そして,企業から出されたミッションに仲間と取り組み,企業の方へ実際にアウトプットしていきます。

3.社会とつながり,アウトプットする,コース別PBL(高2・3)

(1)S特進コース

大学での学問や医療問題に向き合い,倫理観を養い,研究の意欲を高めるPBL

(2)選抜コース

科学技術や芸術,地域について学び,地域課題の解決をめざすPBL

(3)英語コース

英語を言語として使いこなし,グローバルな国際感覚を身につけるPBL

(4)本科コース

鹿児島純心女子大学との高大連携で女性としての生き方を学ぶPBL

4.持続可能な世界実現のために

(国際連合広報センターWebサイトより)

▲TOP