鹿児島純心女子中・高等学校

Kagoshima Junshin Girls' Junior/Senior High

Heartを育てる。 心で育てる。

MENU

S特進コースの取り組み

2018年度にS特進コースの生徒がコースまたは個人で参加した催し物などをいくつかご紹介します!

 

〇長島大陸Nセンター神明竜平さん出張ワークショップ
社会が変化に対してどのように考え行動していけばいいのか,聴き・考え・語り・共有するワークショップ

〇鹿児島赤十字病院ふれあい看護体験学習

生徒の声
病棟で看護体験をし,救護活動報告や離島診療の説明など聞き,看護の仕事もいろいろあることを知りました。
特に患者さんと実際に話をしたり,散歩をしたりできたのは本当に貴重な経験でした。
この機会を与えてくださった関係者の方々に感謝し,これからの進路選択の参考にしたいと思います。

〇鹿児島大学病院薬局見学会

生徒の声
薬剤師の仕事内容を直接見学することで,病院薬剤師について詳しく知ることができました。
薬剤師の仕事のイメージと現実のギャップを埋めることができ,貴重な経験となりました。

〇エンパワーメントプログラム

〇ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ 
鹿児島大学にて2つの講座に参加
(鹿児島地域の課題をもとに大学生・大学院生および地元企業研究者とともに解決法を考える。)
講座内容①:バイオセンシングに用いるGold ウィルス検出の技術を学ぶ
講座内容②:ホタル生物発光とバイオテクノロジーの明るい関係

〇京都賞受賞者鹿児島講演会
科学・文明の発展などに著しい貢献をした方々に贈られる京都賞の本年受賞者である
カール・ダイセロス博士(先端技術部門),柏原正樹博士(基礎科学部門),ジョン・ジョナス氏(思想・芸術部門)の
3名の講演を聴き,文化的,学術的意識の高揚を図った。

生徒の声
どんな学問も知れば知るほど難しく奥深いものなんだと思いました。
特に私は数学が好きですが,今の自分はまだまだ表面的な勉強しかできていないと感じました。
とにかく,今はどの教科もまんべんなく地道にしっかりとやり遂げ,
進路選択の幅を広げていく努力がとても大切だと思いました。

〇3月に筑波大学の五十嵐沙千子氏による哲学カフェを実施予定(S特進・選抜コース合同)
普段考えているテーマについて議論する。
自分自身や社会を縛る境界線を見つけ一緒に乗り越えるために,
所属や肩書きを超えて,みんなで考え,みんなで答えを探していく。

▲TOP